介護福祉士の仕事内容やメリットについて

,

介護福祉士は、これから介護職員として頑張っていこうと考えている方にとって、憧れの職種です。介護施設ではスタッフのリーダー的な役割も果たしており、本当に心強い存在だと言えます。そんな介護福祉士の主な仕事内容は、身体介護と生活支援、相談と助言の3つに大別できます。まず身体介護は、食事の介助や入浴のサポートなど、日常生活の様々な動作をサポートすることを指しています。介護職において、最も基本的な仕事の1つだと言えるでしょう。また生活支援は、掃除や洗濯、お料理など、生活におけるお世話を意味しています。要介護者が生活で困ることが無いように、本人の立場になって業務にあたることが大切です。一方、相談と助言は、要介護者やご家族の方からの相談に乗ったり、アドバイスしたりすることです。利用者本人から悩みを打ち明けられることもあれば、ご家族の方から内密に相談されるケースもあります。いずれの場合でも円滑に問題を解決できるよう、親身になってアドバイスすることが大切だと言えます。このような業務を担う介護福祉士の大きなメリットは、介護のプロとして現場で活躍できることが何よりのメリットだと思います。資格を取得することで一定の知識やスキルを身に付けられるだけでなく、仕事に対する自信も生まれます。様々な問題に対しての対応力も養えるので、より深く介護の現場に携われるのです。また給料が上がったり、資格手当が受け取れたりすることも、大きなメリットになります。介護福祉士は、介護の職場において本当に有用な国家資格だと言えるでしょう。